全国おすすめ温泉旅館・宿 検索ナビについて

「全国おすすめ温泉旅館・宿 検索ナビ」へようこそ!「全国おすすめ温泉旅館・宿 検索ナビ」は、露天風呂、貸切温泉、日帰り温泉などの旅行に役立つおすすめの温泉旅館・温泉宿を気軽に見つける検索ナビ。ぜひ恋人同士、友達同士または家族などで魅力たっぷりの温泉をお楽しみに!!

全国おすすめ温泉旅館・宿 強力検索エンジン!


▼お探しの温泉旅館は見つかりましたか?こちらでも検索できますよ▼
(入力例)静岡 熱海 温泉



▼こちらで温泉グッズも検索できますよ!
そのまま右の検索ボタンポチッでOK!!▼



各都道府県の市町村別に探している方はこちらから!

北海道 |  青森 |  岩手 |  宮城 |  秋田 |  山形 |  福島 |  茨城 | 
栃木 |  群馬 |  埼玉 |  千葉 |  東京都 |  神奈川 |  新潟 |  富山 |
石川 |  福井 |  山梨 |  長野 |  岐阜 |  静岡 |  愛知 |  三重 |
滋賀 |  京都 |  大阪 |  兵庫 |  奈良 |  和歌山 |  鳥取 |  島根 |
岡山 |  広島 |  山口 |  徳島 |  香川 |  愛媛 |  高知 |  福岡 |
佐賀 |  長崎 |  熊本 |  大分 |  宮崎 |  鹿児島 |  沖縄 |










北海道 【道北】(上川・留萌・宗谷)

稚内 |  豊富 |  層雲峡 |  旭岳 |  天人峡 |
愛山渓 |  ぽんぴら |  びふか |  浜頓別 |  枝幸 |
初山別 |  歌登 |  利尻富士 |  白金 |  十勝岳 |
吹上 |  中岳 |  大雪高原 |  有毒 |  天塩川 |
さるふつ |  ピンネシリ |  天塩 |  苫前 |  羽幌 |
岩尾 |   |  滝田 |

北海道 【道東】(釧路・根室・十勝・網走)

阿寒湖 |  雌阿寒 |  川湯 |  摩周 |  養老牛 |
羅臼 |  温根湯 |  滝の湯 |  北見 |  ウトロ |
岩尾別 |  瀬石 |  丸瀬布 |  幕別 |  仁伏 |
屈斜路湖 |  池の湯 |  コタン |  三香 |  和琴 |
然別湖畔 |  菅野 |  鹿の湯 |  山田 |  しほろ |
相泊 |  川北 |  網走湖畔 |

北海道 【道央】(石狩・胆振・空知・後志・日高)

登別 |  カルルス |  虎杖浜 |  白老 |  定山渓 |
小金湯 |  豊平峡 |  恵庭 |  薄別 |  五色 |
昆布川 |  ニセコ |  芦別 |  ながぬま |  寿都 |
三石 |  由仁 |  留寿都 |  黒松内 |  積丹 |
川上 |  モッタ海岸 |  千走川 |  樽前 |  しらかば |
洞爺湖 |  洞爺 |  壮瞥 |  仲洞爺 |  財田 |
弁景 |  支笏湖 |  丸駒 |  伊藤 |  北湯沢 |
蟠渓 |  朝里 |  小金 |  雷電 |   |
鶴の湯 |  静内 |  伊達 |  豊浦 |  新冠 |
門別 |  沙流川 |  平取 |  鵡川 |  樹海 |
ふるっぷ |  真狩 |  京極 |  協和 |

北海道 【道南】(渡島・檜山)

函館 |  谷地頭 |  水無海浜 |  知内 |  流山 |
宮内 |  川汲 |  五厘沢 |  濁川 |  銀婚湯 |
長万部 |  二股ラヂウム |  湯ノ岱 |  貝取澗 |  平田内 |
見市 |

青森県 【津軽地方】

大鰐町
大鰐 |
弘前市
 |  百沢 |  温湯 |  落合 |
板留 |  青荷 |  湯段 |
深浦町
黄金崎不老不死 |  みちのく | 
外ヶ浜町
平舘不老不死 |  竜飛崎 |
中泊町
小泊 |
つがる市
稲垣 |
板柳町
高増 |
青森市
浅虫 |  酸ヶ湯 |  城ヶ倉 |  八甲田 |  荒川 |
たらポッキ |  三内 |  浪岡 |
平川市
唐竹 |  大坊 |  温川 |  南田 |  古遠部 |
湯の沢 |  関の庄 |  秋元 |  相乗 |

青森県 【下北地方】・【南部地方】

風間浦村
下風呂 |
大間町
大間 |
むつ市
薬研 |  湯野川 |  恐山 |
野辺地町
馬門 |
三沢市
古牧 |
東北町
上北 |
五戸町
五戸まきば |
十和田市
十和田湖畔 |  焼山 |   |  猿倉 |  谷地 |
田子町
田子 |
南部町
福田 |

岩手県

金田一 |  安比 |  松川 |  東八幡平 |  藤七 |
 |  鶯宿 |  国見 |  網張 |  東和 |
湯田温泉峡 |  夏油 |  花巻 |   |  松倉 |
志戸平 |  渡り |  大沢 |  山の神 |  高倉山 |
 |  新鉛 |  須川高原 |  真湯 |

宮城県

秋保 |  作並 |  鳴子 |  東鳴子 |  川渡 |
中山平 |  鬼首 |  峩々 |  温湯 |  湯浜 |
青根 |  遠刈田 |  鎌先 |  小原 |  二口 |
定義 |

秋田県

鶴の湯 |  大釜 |  妙乃湯 |  蟹場 |  孫六 |
黒湯 |  玉川 |  後生掛 |  蒸ノ湯 |  大深 |
田沢湖高原温泉郷 |  水沢温泉郷 |  夏瀬 |  大湯 |  湯瀬 |
日景 |  矢立 |  矢立峠 |  男鹿温泉郷 |  森岳 |
秋田 |   |  かすみ |  湯ノ岱温泉 |  象潟 |
仁賀保 |  大滝 |  大葛 |  強首温泉郷 |  秋ノ宮温泉郷 |
泥湯 |  小安峡 |  大湯 |  須川 |  岩城 |
上畑 |

山形

【村山】
銀山 |  碁点 |  天童 |  東根 |  上山 |
蔵王 |  寒河江 |  黒沢 |
【最上】
瀬見 |  赤倉 |  肘折 |  今神 |  草薙 |
羽根沢 |
【置賜】
小野川 |  白布 |  大平 |  滑川 |  姥湯 |
五色 |  赤湯 |
【庄内】
あつみ |  湯田川 |  由良 |  湯野浜 |  湯ノ田 |
鳥海 |  長沼 |  松山 |  波渡崎 |  立岩海底 |

福島県

会津地方
東山 |  芦ノ牧 |  西山 |  柳津 |  早戸 |
湯ノ花 |  木賊 |  熱塩 |  日中 |  湯野上 |
大塩 |  大塩裏磐梯 |  裏磐梯川上 |  中ノ沢温泉 |  沼尻 |
新鶴 |  会津川口 |  沼沢 |  昭和 |  只見 |
中通り・浜通り
飯坂 |  穴原 |  高湯 |  土湯 |  微温湯 |
岳温泉 |  くろがね |  磐梯熱海 |  郡山 |  甲子 |
新甲子 |  二岐 |  岩瀬湯本 |  いわき湯本 |  岩井戸 |
母畑 |  猫啼 |  片倉 |  塩ノ沢 |  ならは羽黒山 |
天神岬 |

茨城県

大子 |  袋田 |  川中子 |  塩ノ沢 |  平潟港 |

栃木県

鬼怒川 |  川治 |  湯西川 |  奥鬼怒温泉郷 |  川俣 |
女夫渕 |  日光湯元 |  光徳 |  中禅寺 |  篭岩 |
大網 |  福渡 |  塩釜 |  塩の湯 |  畑下 |
門前 |  古町 |  中塩原 |  上塩原 |  新湯 |
元湯 |  板室 |  三斗小屋 |  大沢 |  芦野 |
馬頭温泉郷 |  大田原 |  佐久山 |  黒羽 |  湯津上 |
矢板 |  塩谷 |  松島 |  喜連川 |  小川 |
早乙女 |  高根沢 |  上河内 |  益子 |  赤見 |
地蔵の湯 |

群馬県

四万 |  川中 |  松ノ湯 |  沢渡 |  川原湯 |
草津 |  万座 |  奥嬬恋 |  花敷 |  半出来 |
つま恋 |  尻焼 |  湯の平 |  霧積 |  吉井 |
塩ノ沢 |  伊香保 |  老神 |  水上 |  上牧 |
奈女沢 |  猿ヶ京 |  湯宿 |  川古 |  法師 |
敷島 |  片品 |  磯部 |  藪塚 |  五色 |
梨木 |  榛名湖 |  浅間隠温泉郷 |  薬師 |  鳩の湯 |

埼玉県

秩父七湯 |  白久 |  秩父 |  山田 |  武甲 |
都幾川 |  百穴 |  神流川 |  サイボク天然 |  玉川 |
小川 |  百観音 |  さいたま清河寺 |

千葉県

矢指ヶ浦 |  曽呂 |  白子 |  犬吠埼 |  亀山 |
養老渓谷 |  勝浦 |  白浜 |  千倉 |

東京都

岩蔵 |  板橋 |  数馬 |  鶴の湯 |  麻布十番 |
蒲田 |
大島 |  八丈島 |

神奈川県

箱根 |  姥子 |  湯河原 |  根府川 |  中川 |
三浦マホロバ |  飯山 |  七沢 |  かぶと湯 |  半原 |
広沢寺 |  伊勢原 |  鶴巻 |  綱島 |

新潟県

【上越】
赤倉 |   |   |  雨飾 |  鵜の浜 |
焼山 |  笹倉 |  松之山 |  蓮華 |  姫川 |
蒲原 |
【中越】
越後湯沢 |  貝掛 |  成願寺 |  湯之谷温泉郷 |  六日町 |
広田 |  西谷 |  蓬平 |
【下越】
月岡 |  瀬波 |  岩室 |  弥彦 |  咲花 |
塩の湯 |  田上 |  五頭温泉郷 |  村杉 |  今板 |
出湯 |  山北ゆり花 |

富山県

宇奈月 |  金太郎 |  小川 |  黒薙 |  鐘釣 |
名剣 |  祖母谷 |  地獄谷 |  みくりが池 |  立山 |
下の茗 |  天神山 |  法林寺 |  生地 |  呉羽山 |
 |  音川 |  山田 |  寺尾 |  林道 |
川合田 |  大牧温泉 |  岩井戸 |  宮島 |  大谷 |
北山 |  吉峰 |  亀谷 |

石川県

【加賀】
山代 |  山中 |  粟津 |  片山津 |  湯涌 |
深谷 |  犀川峡 |  河内千丈 |  白山一里野 |  中宮 |
白峰 |  美川 |  辰口 |  赤瀬 |  加賀三谷 |
【能登】
和倉 |  葭ヶ浦 |  能登輪島 |  縄文真脇 |  恋路 |
赤崎 |

福井県

芦原 |  三国 |  越前玉川 |  越前厨 |  敦賀トンネル |
佐野 |

山梨県

赤石 |  石和 |  神の湯 |  川浦 |  桔梗 |
甲斐大泉 |  甲府 |  裂石 |  佐野川 |  下部 |
正徳寺 |  積翠寺 |  鼓川 |  奈良田 |  南部アルカディア |
西山 |  韮崎旭 |  はやぶさ |  フカサワ |  真木 |
富士河口湖温泉郷 |  増富 |  三富 |  藪の湯 |  山口 |
山中湖 |  湯村 |  竜王ラドン |

長野県

【北信】
中条 |  北野 |  上野原 |  和山 |  切明 |
湯滝 |  野沢 |  戸狩 |  瑞穂 |  鬼島 |
池ノ平 |  よませ |  竜王 |  長嶺 |  加賀井 |
山の神 |  五色 |  山田 |  奥山田 |  馬曲 |
戸倉上山田 |  北志賀 |  木戸池 |  熊の湯 |  志賀山 |
硯川 |  発哺 |  幕岩 |  丸池 |  湯田中渋温泉郷 |
安代 |  角間 |  上林 |  沓野 |  地獄谷 |
 |  新湯田中 |  星川 |  穂波 |  湯田中 |
【中信】
浅間 |  美ヶ原 |  上高地 |  のりくら温泉郷 |  乗鞍高原 |
白骨 |  沢渡 |  赤怒谷 |  中の湯 |  坂巻 |
白馬八方 |  白馬鑓 |   |  小谷 |  豊科 |
中房 |  穂高 |  大町温泉郷 |   |
【東信】
鹿教湯 |  霊泉寺 |  大塩 |  別所 |  田沢 |
沓掛 |  本沢 |  松原湖 |  星野 |  中棚 |
高峰 |
【南信】
上諏訪 |  下諏訪 |  毒沢 |  早太郎 |  昼神 |
天竜峡 |  池の平 |  小渋 |  鹿塩 |

岐阜県

【飛騨】
下呂 |  小坂温泉郷 |  濁河 |  湯屋 |  下島 |
奥飛騨温泉郷 |  平湯 |  福地 |  新平湯 |  栃尾 |
新穂高 |  白川郷平瀬 |  割石 |
【美濃】
渡合 |  池田 |  白川 |  長良川 |  うすずみ |
南濃 |

静岡県

【東伊豆】
伊豆湯河原 |  熱海 |  網代 |  伊豆山 |  伊東 |
赤沢 |  熱川 |  稲取 |  北川 |  大川 |
【南伊豆】
下田 |  湯ヶ野 |  下賀茂 |  河津七滝 |
【中伊豆】
修善寺 |  湯ヶ島温 |  伊豆長岡 |  大仁 |  畑毛 |
奈古谷 |  白岩 |
【西伊豆】
土肥 |  小土肥 |  堂ヶ島 |  雲見 |  松崎 |
大沢 |  戸田 |  寸又峡 |  梅ヶ島 |  舘山寺 |
倉真 |  法泉寺 |  渋川温泉 |  弁天島 |

愛知県

湯谷 |  三谷 |  西浦 |  飛島 |  尾張 |
添沢 |  形原 |  稲武夏焼 |  吉良 |  南知多温泉郷 |
笹戸 |  小渡 |

三重県

湯の山 |  榊原 |  長島 |  美杉 |  火の谷 |
木曽岬 |  鍋田川温 |  きいながしま古里 |  鈴鹿サーキット |  鈴鹿さつき |
志摩温泉郷 |  浜島 |  阿児 |  湯ノ口 |  有久寺 |

滋賀県

雄琴 |  びわ湖 |  須賀谷 |

京都府

嵐山 |  岩滝 |  木津 |  久美の浜 |  久美浜シーサイド |
あやべ |  天橋立 |  福知山 |  夕日ヶ浦 |  宇川 |
湯の花 |  るり渓 |

大阪府

箕面 |  犬鳴山 |  牛滝 |  摂津峡 |  高槻樫田 |
天見 |

兵庫県

【県北部】
城崎 |  竹野 |  シルク |  浜坂温泉郷 |  湯村 |
香住 |  柴山 |  佐津 |  よふど |  黒川 |
【県中部・南部】
有馬 |  太山寺 |  湊山 |  宝塚 |  武田尾 |
吉川 |  赤穂御崎 |  塩田 |  洲本 |  こんだ薬師 |
籠坊 |  白雲谷 |  鍬渓 |  加古川 |  一宮 |

奈良県

湯泉地 |  十津川 |  上湯 |  洞川 |  天の川 |
入之波 |  上北山 |  吉野 |  西吉野 |  東吉野 |

和歌山県

花山 |  南紀白浜 |  椿 |  南紀勝浦 |  湯川 |
湯の花 |  鶴の湯 |  龍神 |  湯の峰 |  川湯 |
渡瀬 |  神通 |  奥熊野 |  上小野 |  高野 |
二川 |  加太淡嶋 |  夏山 |

鳥取県

岩井 |  鳥取 |  浜村 |  皆生 |  鹿野 |
吉岡 |  大栄 |  関金 |  東郷 |  羽合 |
三朝 |

島根県

【出雲】
玉造 |  湯の川 |  鷺ノ湯 |  湯抱 |  海潮 |
松江しんじ湖 |  出雲湯村 |  海潮 |  斐乃上 |  三瓶 |
【石見】
有福 |  美又 |  三瓶 |   |  風の国 |
温泉津 |  湯谷 |

岡山県

あわくら |  奥津 |  苫田 |  湯郷 |  湯原 |

広島県

湯来 |  湯の山 |  君田 |  宮浜 |  矢野 |

山口県

【周防】
鶴ヶ浜 |  三丘 |  湯野 |  湯田 |  鳴滝 |
片倉 |
【長門】
一ノ俣 |  湯谷 |  川棚 |  江汐湖 |  王喜 |
糸根 |  持世寺 |  黄波戸 |  長門湯本 |  俵山 |
油谷湾 |  阿武川 |  萩本陣 |  湯ノ口 |  於福 |

徳島県

祖谷 |  新祖谷 |  大歩危 |  紅葉 |  鷲敷 |
御所 |  宍喰 |  船瀬 |  神山 |

香川県

 |  美霞洞 |

愛媛県

道後 |  松山 |  奥道後 |  東道後 |  媛彦 |
星岡 |  道後さや |  権現 |  見奈良 |  川内 |

高知県

北川 |  足摺岬 |  猪野沢 |  蘇鶴 |

福岡県

船小屋 |  原鶴 |  吉井 |  脇田 |  二日市  |
筑後川 |  博多温泉 |  薬王寺 |  所田 |  柿下 |

佐賀県

 |  熊の川 |  古湯 |  嬉野 |

長崎県

雲仙 |  小浜 |  島原 |  壱岐湯ノ本 |  荒川 |

熊本県

阿蘇内牧 |  阿蘇赤水 |  地獄 |  垂玉 |  はげの湯 |
黒川 |  満願寺 |  田の原温泉 |  杖立 |  奴留湯 |
山鹿 |  熊入 |  玉名 |  菊池 |  三加和 |
平山 |  下田 |  松島 |  弓ヶ浜 |  植木 |
湯の児 |  湯の鶴 |  日奈久 |  人吉 |

大分県

【別府市・由布市】
鉄輪 |  観海寺 |  明礬 |  堀田 |  柴石 |
亀川 |  塚原 |  由布院 |  湯平 |
【日田市】
天ヶ瀬 |  湯ノ釣 |  日田 |
【竹田市】
長湯 |  七里田 |  法華院 |  赤川 |  三船 |
久住高原 |  紅殻之湯 |  満天望 |  荻の里 |
【九重町】
宝泉寺 |  筋湯 |  川底 |  竜門 |  湯坪 |
壁湯 |  筌の口 |  長者原 |  寒の地獄 |  九酔渓 |
星生 |  牧の戸 |  馬子草 |

宮崎県

 |  京町 |  湯之元 |

鹿児島県

湯之谷 |  丸尾 |  霧島神宮 |  指宿 |  開聞 |
市比野 |  湯之元 |  妙見 |  日当山 |  宮之城 |
湯之尾 |  川内高城 |  紫尾 |  吹上 |  有村 |
藺牟田 |  海潟 |  古里 |  重富 |
【薩南諸島】
尾之間 |  屋久島 |  平内海中 |

沖縄県

山田温泉 |  ちゃたん恵み |  西表 |

全国名湯・秘湯→コタン温泉

北海道釧路にあるコタン温泉。
屈斜路湖の湖畔にあり、無料で24時間入浴ができるのが秘訣(ひけつ)である。
露天風呂が一つで、岩で仕切られているがほぼ混浴である。
水着の着用ができるので、水着を着てゆっくりするのも良いかもしれない。
周囲からは丸見えの露天風呂であるが、屈斜路湖などの景色は実に綺麗である。
また砂浜を掘れば温泉が湧き出ると言われており、自分で露天風呂も作れる。
この温泉は神経痛や関節痛・肥満や冷え性・婦人病・便秘・やけどなど、いろんな効果があると言われている。
秘湯といわれるのみあって、近くに温泉街があるわけでもなくお湯を楽しむだけの場所なので温泉旅行好きな人がよく訪れるところである。
屈斜路湖付近には他にもたくさんの温泉が有るが、野天風呂といわれるお風呂はここのみになる。
川湯温泉駅からバスで40分のところに位置している。

冬になると、屈斜路湖には寒さで凍ってしまう。
しかしながらコタン温泉付近は温泉の温かさが影響して湖は凍らない。
その為か、冬の時期には白鳥がたくさんいる。
白鳥をじっくり見ながら温泉に入れるのはコタン温泉のみではないだろうか。
湖畔のそばに温泉があるため、間近に白鳥を閲覧することができる。
たまに温泉の中に白鳥がつかっていることもあるそうである。
勿論(もちろん)屈斜路湖の奥に見える山には冬になれば雪もつもるので雪景色も堪能できる。
温泉旅行に行くなら、冬が人も少なく白鳥にも出会えるのでおすすめである。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→洞爺湖温泉

北海道洞爺湖湖畔に拡大する温泉街は洞爺湖温泉以外にも壮瞥温泉や財田温泉などが有る。
その中でも洞爺湖温泉は旅館の数も数多く、遊覧船の発着位置という事もあり温泉街の中心に為っている。
この温泉街では手湯や足湯がたくさん有る。
気軽に入れて楽しめて、温泉旅行者に大人気が有る。

洞爺湖温泉は北海道にある温泉の中では、冬の季節でもやや雪が少ない地域である。
雪が少ないため、車できる旅行客も数多く冬でも賑わっている。
雪が少ないといっても、冬になれば雪見風呂が楽しめる。

洞爺湖温泉で大人気のホテルは「湖畔の宿洞爺かわみなみ」である。
このホテルは100%の天然温泉を活用しており、24時間活用できるのが大人気の秘密である。
お風呂の種類は露天風呂しかないが、洞爺湖を一望できる景色は最高である。
冬には雪見露天風呂が楽しめると年間を通して大人気である。
また、「洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス」も大人気が有る。
自然に囲まれたスパ・リゾートと知られており、ゆっくり過ごしたいという温泉旅行客に大人気である。
岩風呂や檜風呂といろんな種類が楽しめ、冬の雪景色を楽しみながらお湯につかれる。

更に洞爺湖温泉では冬にはイベントが目白押しである。
クリスマスの時期には洞爺湖湖畔沿い高さ約8メートルのクリスマスツリーが登場する。
この時期にはいろんなイベントを実施しており、花火も打ち上げられるのでカップルに人気が有る。
他にも2月には洞爺湖温泉冬まつりも開催される。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→然別湖の温泉

北海道十勝の鹿追町の大雪山国立公園内にある湖が然別湖である。
札幌からは4時間半レベルかかる。
湖の近くには2軒の宿があり、温泉を楽しむことができる。
然別湖を一望できる露天風呂のあるホテル風水は一年を通して大人気で有る。
もう1軒はホテル福原といって、こちらも露天風呂などの温泉旅行客がたくさんいる。

夏になれば然別湖でカヌーを楽しむ人がたくさんいるが、冬になれば別の顔を見せる。
冬になればこの然別湖は氷結してしまうのである。
氷結した湖を活用してできたのが然別コタンというイベントである。
湖上に氷を積み上げて作った住居・イグルーをつくり、寒さを楽しむための冬限定のイベントなのである。

期間は1月末から3月末までと2ヶ月レベル。
氷上のバーや宿泊の疑似体験のできる氷上ホテル・氷上チャペルなど日常で経験することのできないことばかりで大人気を集めている。
中でも密かに人気を集めているのが氷上の温泉である。
氷の上に温泉なんて耳にしたこともない人もいると思うが、近くの温泉からお湯を引いた本物の温泉なのである。
基本中の基本的に混浴のこの温泉は氷上露天風呂といわれ、然別湖を一望できる。
冬の寒い時期には氷点下になるが、温泉の温度は約42度と不快なくつかれる。
次第に温泉旅行として大人気を集め、現在までは1つしかなかった浴槽も現在では2つになり、よりたくさんの人が楽しめるように為っている。
脱衣所も氷でできており温泉につかるまでは実に寒いであるが、それもここでしか味わえないので良い経験である。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→青荷温泉

青森県黒石市にある青荷温泉。
ランプの宿の中にある青荷温泉は秘湯として知られている。
秘境の地と言われる青荷渓谷沿いに本館と3つのはなれがあるランプの宿。
4つのお湯が有るが、秘境といわれるのみあって温泉街などはない。
温泉にゆっくりつかって、自然を楽しむ旅館である。

4つのお湯の中で最も著名なのが龍神の湯である。
窓を開ければ、目の前に竜ヶ滝が見え、情緒ある雰囲気である。
浴室は混浴であるが、女性でも入りやすい工夫がされている。
次に露天風呂である。
完璧な混浴であるため、女性が若干入りにくい。
ただ女性専用の時間もあるので、ゆっくりしたいならその時間を上手に活かすのがよさそうである。
近頃できたのが健六の湯である。
建物自体が実に綺麗で、他のお湯に比較すると明るいのが秘訣(ひけつ)である。
女湯には露天風呂がついている。
最後の一つは内湯になる。

ランプの宿と言われるのみあって電気がないのが秘訣(ひけつ)である。
ランプの明かりで過ごすといったこだわりが温泉旅行客を惹き付けている。
勿論(もちろん)、夜になれば温泉もこのランプの灯りの中で入ることになる。
その独特な灯りが大人気なのである。
冬になれば勿論(もちろん)雪がふるので、雪見露天風呂がこの宿でも楽しめる。
ただ、電気の代わりにランプの灯りやかまくらの中にろうそくを灯したものが活用される。
その灯りの中で閲覧する雪景色は幻想的である。
冬にランプの宿で入る温泉は他の宿でなかなかどうして味わえないものになりそうである。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→玉川温泉

秋田県仙北市にある玉川温泉。
高血圧や動脈硬化・ガンなどの病気に効果があるとされ湯治場として著名な温泉である。
世界最強の温泉とも言われ、湯治場として使われていたことから温泉街がない。
また長期滞在する人も数多く、宿などは予約で一杯だとか。
その為玉川温泉のすぐ近くに新玉川温泉が近頃できたのである。
玉川温泉と違って、新玉川温泉は温泉旅行客向けにつくられた温泉である。
その為、お湯の刺激も少なく入りやすいである。
この温泉地で著名なのは岩盤浴である。
地獄地帯という地熱の高い位置が存在し、ゴザを引いて岩盤浴を楽しむ姿を目にする。
温泉旅行として、この岩盤浴目当てに来る人も少なくない。

冬になれば、東北にある温泉のみあってあたり一面が雪景色になる。
たくさんの雪が降るため、雪下ろしをしている姿を見かける。
大人気の岩盤浴も冬には雪山につつまれる。
しかし地熱が高い位置では雪がとけるので、冬でも岩盤浴が楽しめる。
車が通過することができないため、専用の送迎バスにのって向かう。
そこにはテント小屋があり、その中で岩盤浴を楽しめるように為っている。
他の季節とは異なり、岩盤浴ができる位置も限られているが、お客さんが絶えず順番待ちになってしまうことも有る。
また冬の岩盤浴を楽しむためには予約が必須事項なので注意が必要である。
岩盤浴で体が温まるとは言え、寒さ対策の防寒着や雪道を歩くための長靴を忘れないようにすべきだ。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→乳頭温泉郷

秋田県の田沢湖北東に位置する乳頭温泉郷。
7つの宿からなり、どの温泉も秘湯として知られている。
秘湯ブームの火付け役ともされ、温泉旅行地として大人気を集めている。
乳頭温泉郷に着くと、目に付くのが趣のある建物である。
湯小屋と言われる小屋は黒色の壁をしており、木造の建物が懐かしさをかもし出している。
最新設備など全くない、温泉郷であるが時間を忘れてのんびりできる。

この温泉の大人気シーズンはやっぱり冬である。
山間の温泉であるため、冬になれば一面に雪がつもる。
7つの宿からみる雪景色が各々(おのおの)違った風情をかもし出している。
冬になればどの宿も予約が一杯でなかなかどうして泊まることが不可能だ。
乳頭温泉郷で温泉旅行を楽しむには相当前からの予約が必須事項になる。
そんな時は乳頭温泉郷の近くに宿をとり、湯めぐりをするのをおすすめする。
昼であっても、お風呂からみる雪景色は最高である。

乳頭温泉の中で一番大人気なのは鶴の湯である。
この鶴の湯は乳頭温泉の中で一番古い歴史をもっており、由緒ある温泉として知られている。
4つの泉質があるため、いろんなお湯が楽しめる。
中でも美人の湯は混浴露天風呂で有るが、白湯のため男女問わず大人気である。

鶴の湯以外にも金の湯・銀の湯が著名な妙乃湯温泉は女性に大人気だ。
そして雪景色が大人気なのは蟹場温泉。
7つの温泉各々(おのおの)に秘訣(ひけつ)が有る。
どの宿も日帰り入浴ができるので湯めぐりを楽しめる。
更にどの温泉も入浴料が安いのでシンプルに楽しむことができるのが良い。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→鳴子温泉郷

宮城県大崎市にある鳴子温泉郷。
源泉は約400本もあり、泉質も日本にある11種類のうち9種類が鳴子温泉郷で揃ってしまうほどの名湯なのである。
湯色や効能も各々(おのおの)の温泉で異なるため、湯めぐりが楽しめる。
鳴子温泉駅を降りると、温泉街が広がる。
駅前には足湯があり、旅館は勿論(もちろん)共同浴場も有る。
鳴子温泉を中心に、東鳴子温泉・中山平温泉・川渡温泉・鬼首温泉を纏めて(まとめて)鳴子温泉郷といい大きな温泉街に為っている。
どの温泉にもホテルや旅館がたくさんあり、何時も温泉旅行客で賑わっている。

鳴子温泉には鳴子峡があり、秋には紅葉の名所として知られている。
紅葉の時期にはたくさんの旅行客が訪れる。
そんな鳴子峡も冬になれば、一面が真っ白の雪化粧をする。
木々に積もった雪や橋にかかった雪が秋とは全く違った顔を見せる。
秋から冬にかけての鳴子峡の移り変わりは実に綺麗で、温泉旅行客もたくさん訪れる。

山間にある鳴子温泉郷は冬の時期には雪見風呂が楽しめる。
旅館によっては貸切露天風呂があるところもあるので、冬の雪が降る時期には旅館でゆっくり雪見露天風呂を楽しむのも風情があって良い。
冬と言えば、中山平温泉でイベントが開かれている。
スノーランタンフェスタというもので、雪と光の幻想的な空間を作り出したものになる。
中山平温泉では温泉街のみでなく民家にも光を灯すため、町全体が幻想的な雰囲気をかもし出する。
光には廃油ろうそくを用いるなど、自然にやさしい取り組みを実践している。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→蔵王温泉

山形県山形市にある蔵王温泉。
日本最古のお湯としても知られており、強酸性の泉質が秘訣(ひけつ)である。
1日に8700万トンのお湯が噴出する、世界でも数少ない温泉である。
どの温泉でも100%の温泉を満喫できる。
皮膚病に効果があるとされている。
肌を白くする事から別名「姫の湯」とも呼ばれている。

蔵王温泉の温泉街には共同浴場や日帰り入浴できる温泉も有る。
数たくさんの旅館やホテルがあり、温泉旅行地として著名である。
また蔵王温泉は山の麓にあるため、スキー場と併設しており、冬には温泉旅行客よりもスキー客で賑わっている。
雪のない次期には大露天風呂が川沿いに作られ、蔵王温泉の名物に為っている。

蔵王温泉が賑わう時期はやっぱり冬である。
蔵王で冬に著名なものとして、樹氷があげれる。
冬にしか見られないとあって、スキー客や観光客で賑わう。
勿論(もちろん)、昼でも樹氷は閲覧することができるが、夜になればライトアップされ、幻想的な雰囲気をかもし出す。
12月末から3月上旬にライトアップされるので、樹氷を閲覧するついでに温泉旅行を楽しむという人も数多いである。
樹氷が閲覧する事ができる時期には樹氷まつりが温泉街で開催される。
温泉街で樹氷を閲覧することは不可能だが、温泉街がライトアップされ、雪の灯篭なども出現する。
また、冬の時期では閉鎖している蔵王温泉大露天風呂が期間限定で無料開放される。
日時が限定されているので、下調べをして冬限定の露天風呂で雪景色を楽しむのも良い。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→銀山温泉

山形県の北東部尾花沢市にある銀山温泉。
NHKドラマ「おしん」の舞台で使われ著名になった温泉である。
山峡にある温泉で、疲労回復とストレスやフラストレーションに効果があると言われている。
この温泉街は昔を匂わせるガス灯や石畳の歩道があり、更に川を挟んで立ち居並ぶ木造建築の旅館などが旅行客を幻想的な世界に引き込むようだ。
東京から銀山温泉までは、新幹線と車で約4時間かかる。

この温泉街は立ち寄り湯ができる位置もたくさん有るが、基本中の基本的に泊まりの温泉旅行客をメインとしている。
立ち寄り湯のできる時間帯がお昼ごろまでと制限されているケースの場合もあるので注意すべきだ。
ゆっくり入るには泊まりで旅行するのが一番である。
旅館にある露天風呂につかって美味しい料理をたべるのが良い。

銀山温泉は夏も旅行客が数多いが、冬の銀山温泉は更に大人気である。
冬の温泉旅行として、銀山温泉を選定する理由は雪をかぶった木造建築が情緒ある所である。
銀山温泉の雪景色は、よくテレビでも放送されているので目にしたことがある人は数多いのではないだろうか。

また銀山温泉で大人気のお風呂は寝湯である。
若干ぬる目のお湯のため長時間寝てつかることができる。
特に露天寝湯は実に気持ちが良いのである。
冬であれば、雪が舞う中で温泉につかることができる。

他にも銀山には足湯が有る。
川沿いの足湯は風情が有るが、冬の雪が数多い時期は雪がつもってしまうので足湯につかることは不可能だ。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→高湯温泉

福島県福島市にある高湯温泉。
硫黄成分が数多く含まれていることで知られており、日本でも上位に入る含有量の多さである。
温泉の効能も高いと言われ、日本一の適切温泉と言われるほどである。

高湯温泉街は10軒ほどの旅館がある、こぢんまりとした温泉街である。
どの宿も冬になれば温泉旅行客で一杯になる。
特に大人気なのが「玉子湯」という温泉旅館である。
高湯温泉といえば、玉子湯といわれるぐらい大人気の旅館なのである。
お風呂の種類は5種類である。
中でも湯小屋は玉子湯の顔といっても過言ではない。
高湯温泉街にたたずむ湯小屋は著名で、雪のつもった湯小屋の写真などは良く見かける。
茅ぶき屋根の湯小屋は創業から140年もの間、そのままの形をとどめており、伝統が感覚でわかる。
温泉は男女別の露天風呂があり、紅葉の時期は勿論(もちろん)雪見露天風呂が楽しめることでも著名である。
玉子湯は大人気のため、なかなかどうして予約が取れないケースの場合が有るが、せっかく温泉旅行に来たのならば立ち寄り入浴もできるのでぜひとも入っておきたい。

そしてもう一軒大人気なのが静心山荘である。
温泉旅館とは異なり、山小屋ロッジ風の建物が秘訣(ひけつ)である。
温泉は山小屋の最上階にあり、露天風呂と内風呂が有る。
他の温泉に比較して若干温めであるが、長時間浸かることのできる温泉である。
この静心山荘の大人気は冬のシーズンである。
山小屋のあたり一面が雪に覆われる。
その雪景色を見下ろす形で、温泉につかりながら閲覧することができるのである。
風情のある白銀の世界を楽しむことができる。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→伊香保温泉

群馬県渋川市にある伊香保温泉は万葉集に名前・名称が出てくるほど、古くからある著名な温泉である。
温泉自体が山間にあるため、温泉街も急な斜面に開けているのが秘訣(ひけつ)である。
階段や坂道が数多く、伊香保温泉のシンボルとも言われる石畳の階段は約360段あると言われている。
その階段の横には飲食店や宿が立ち並び、情緒ある雰囲気が温泉旅行客を楽しませている。
石段の湯という共同浴場は旅行客を包含し、地元の人にも愛用されている。

伊香保温泉はたくさんの旅館で日帰り湯が活用できるため、日帰り温泉旅行を楽しむ人も数多いのである。
日帰り湯でよりたくさんの温泉に入りたいのであれば、ホテル天坊がおすすめである。
3つの貸切風呂に壷風呂や洞窟風呂・トルマリン風呂など変わった温泉がたくさん有る。
一日かけてもゆっくりすることができるのが秘訣(ひけつ)である。
露天風呂は冬になれば雪景色が楽しめる。
また日帰り湯であれば、金太夫ベルツの湯も良いだろう。
温泉を治湯として上手に活かすことを考えている温泉である。
温泉も8種類と数多く、打たせ湯や露天風呂が有る。
この2つ以外にも日帰り温泉を楽しめる宿はたくさん有る。

伊香保温泉の冬のイベントと言えば、榛名湖イルミネーションフェスタである。
12月の中旬に開催されるこのイベントはイルミネーションにより、光と水の世界を作り出すのである。
湖面に反射するイルミネーションが実に綺麗である。
たくさんの旅館では宿泊者に対して、送迎バスを用意している。
温泉とイルミネーションを楽しむのも良い。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→四万温泉

群馬県吾妻郡中之条町にある四万温泉。
東京駅から直通のバスもでており温泉旅行地として大人気が有る。
四万川沿いに拡大する温泉街は5つの地区に分かれており、日向見温泉は四万温泉の発祥の地としても著名である。
四万の病気を治す湯という意味からつけられた四万温泉。
治湯としても大人気があり、地元の人にも愛されている。

四万温泉の秘訣(ひけつ)は自然に囲まれていることである。
四季を肌で実感することができるのが大人気の一つである。
猿などの野生動物にも会う事ができ、冬には運がよければニホンカモシカに会える。
四季折々の表情をみせる四万温泉街であるが、雪景色は実に綺麗である。
雪が積もればモノクロ写真のような風景が楽しめる。
どの旅館からでも雪景色が楽しめ、露天風呂があれば雪見露天が楽しめる。

四万温泉でおすすめなのは山口露天風呂である。
山口露天風呂は共同浴場で、誰でも無料で入ることができる。
混浴露天風呂が4つあり、川沿いに湯小屋が建っている。
4つの温泉は温度も違うため、自分の好きなお風呂に入ることができる。
外からは丸見えなので若干気になるが、お湯は実に気持ちが良いである。
冬には冷え切った体を温めてくれる。
この露天風呂に入るなら、冬の時期がおすすめである。
勿論(もちろん)雪景色が楽しめる。
岩や山に積もった雪をじっくり見ながら入る温泉は実に気持ちが良いである。
また熱すぎないお湯と外の寒さの加減がちょうどよいため、ゆっくりつかれる。
宿の露天風呂も良いが、四万温泉にきたらぜひとも入っておきたい温泉である。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→万座温泉

群馬県の上信越高原国立公園内にある万座温泉。
この温泉の秘訣(ひけつ)は1日に約450万リットルも湧き出している事である。
全国的にも珍しい温泉になる。
他にも関東地方ではめずらしい乳白色の温泉であるという秘訣(ひけつ)も有る。
硫黄の成分を数多く含み、胃腸病や皮膚病に効果があると言われている。

高山にあり、万座温泉付近には歓楽街がない。
温泉そのものを楽しむところなのである。
歓楽街がなくても温泉旅行地として大人気が高いのはそれのみ魅力的な温泉がある事である。
泊まりは勿論(もちろん)日帰り温泉旅行として楽しむ人も数多いようである。
冬にはスキーやスノボーも楽しめる。

冬になれば、山全体が雪に覆われて白銀の世界を作り出す。
勿論(もちろん)雪見露天風呂を味わうことができる。
そんな万座温泉の中で大人気のあるホテルが万座温泉ホテルである。
素晴らしい眺望が大人気の展望露天風呂をはじめとした9つのお風呂が楽しめる。
展望露天風呂から閲覧する雪景色は勿論(もちろん)星空も大人気の一つである。
また日本最大最高級の木造風呂があり、ホテルに一日いるのみでも温泉を楽しむことができる。
他の旅館の温泉を楽しむには湯めぐり手形を買い求めるのが良いだろう。
各々(おのおの)の旅館が工夫を凝らした温泉にシンプルに入ることができる。

そんな万座温泉ではカウントダウンのイベントが有る。
大晦日に、万座温泉にある薬師堂の前でカウントダウンをするのである。
雪に囲まれた中でのカウントダウンも良い。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→草津温泉

群馬県草津町にある草津温泉は日本三名泉に数えられる著名な温泉である。
効能としては皮膚病や神経痛・糖尿病に良いとされている。
恋の病以外には全部効くなんて話も有る。

草津温泉で目を引くのが、温泉街の中心にある源泉の湧き出る湯畑である。
滝のように流れている源泉は観光スポットでも有る。
冬になればこの湯畑はライトアップされる。
11月下旬から2月末までの限定で、湯畑から湧き上がる湯煙とライトの光りが観光客を惹きつける。
寒い日であれば雪が積もるので、実に綺麗である。
湯畑のそばにある足湯につかりながら、雪景色をみるのも良い。
冬の草津温泉は特に大人気で有る。

また湯畑には湯の花と言われる花が有る。
これは草津温泉のお土産として知られている。
1月末には湯畑の湯の花を採るイベントが有る。
この時期に温泉旅行を計画すれば、イルミネーション・雪・湯の花が楽しめる。

草津温泉には共同浴場と称されるお風呂がたくさん有る。
温泉旅行でいろんなお風呂に無料で入れるのは嬉しいものである。
湯畑の近くでいうと白旗の湯や千代の湯などがあり、これ以外にも温泉街にはたくさんの共同浴場が有る。
お金を払えば入れる内湯もたくさんあり、草津にくれば温泉めぐりのみで一日を過ごすことができる。
勿論(もちろん)旅館でも温泉を楽しめる。
内湯や旅館の温泉であれば冬には雪見露天風呂を楽しむことができるだろう。
たくさんの温泉がありすぎて、一度では入りきれないので何回も足を運ぶ人も数多いようである。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→奥鬼怒温泉

栃木県日光市にある温泉を指している奥鬼怒温泉郷。
奥鬼怒温泉郷は加仁湯や八丁の湯・日光沢温泉・手白澤温泉の4つからなっており、どれも一軒宿であるのが秘訣(ひけつ)である。
かつてこの温泉郷は秘湯と呼ばれ、シンプルには入ることのできない温泉で著名だったのである。

どの温泉も大人気があり、温泉旅行地として名高いである。
しかし奥鬼怒温泉郷には車で入ることができないため、バスか徒歩で行くことになる。
どの温泉も歩いては行けるが2時間レベルかかってしまう。
また山奥にあることから坂道が数多いのであまりおすすめできない。

奥鬼怒温泉のおすすめの時期は冬である。
紅葉の季節の秋も綺麗であるが、冬に雪が積もった中入る温泉は別世界のようである。
但し、日光沢温泉は送迎をやっていないので注意すべきだ。
勿論(もちろん)自家用車で入ることも禁止されている。
また、送迎をしてくれるのは加仁湯と八丁の湯のみである。
どの宿も露天風呂がメインであるため、全部の宿で雪見露天風呂が堪能できるが、交通の便から考えると冬に楽しめるのは加仁湯と八丁の湯になりそうである。
冬に温泉旅行に行くなら、八丁の湯がおすすめである。
鬼怒川の渓谷沿いにあり、深い谷底に温泉が有る。
加仁の湯からも見下ろすことのできる温泉宿である。
その為、周りには山と川しかないので雪がつもるとあたり一面雪になってしまう。
何時もは閲覧することのできない雪景色を楽しめる。
女性専用の露天風呂も用意されているのが嬉しい。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→石和温泉

山梨県笛吹市にある石和温泉。
この温泉は温泉街が大きく、宿泊施設も120軒を超えるという。
足湯や手湯も有料であるが入ることができるため、散策の合間に湯めぐりを楽しむのも良い。
東京からも1時間半でいけて優秀で便利なため、温泉旅行に石和温泉を選定する人も大勢いる。
元々笛吹市は、ぶどうやももの産地で著名だったが、現在では温泉が実に著名に為っている。
四方を山に囲まれている石和温泉である。
近くでみる富士山は実に綺麗である。
冬には真っ白な雪化粧をした富士山を閲覧することができる。
また旅館によっては富士山を露天風呂から閲覧することができ、冬の時期は特に大人気である。
1月から3月にかけて、ワイン祭りが開かれる。
温泉のみでなく、果樹園がたくさんある石和温泉ならではの催しである。
温泉旅行と同時にフルーツ狩りを楽しむ人もたくさんいるのである。

特に石和温泉でおすすめの宿が喜仙である。
宿泊料金はやや高めでは有るが、温泉旅行客に大人気がで有る。
その理由は日本庭園に囲まれた露天風呂があることである。
庭園露天風呂と言われ、趣のある風景が異空間にいる気持ちにさせてくれる。
日本庭園の散策を楽しむことも勿論(もちろん)できる。
冬になると日本庭園に積もった雪をじっくり見ながらお湯につかることができる。
また、足湯ガーデンといったものも有る。
名産のワインを飲みながら、足湯につかることができるのである。
冬には雪景色をみながら、足湯につかってゆっくりすることもできる。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→本沢温泉

日本最高所野天風呂である本沢温泉は長野県と山梨県をまたぐ八ヶ岳に有る。
日本最高所といわれるだけあって、標高が2100m有る。
温泉旅行としてのみではなく登山客の多くが上手に活かす温泉である。
この温泉は秘湯と呼ばれている。
その理由の一つとして、温泉所まで車ではいけないという所に有る。
途中までは車でいけるが、夏であれば1時間近く歩くという必須事項がある。
勿論(もちろん)冬になれば足場も悪くなり、車でもあまり登っていけないため、4時間レベルかかると言われている。

本沢温泉のある位置は一軒宿の山小屋である。
全く異なる2つの源泉の温泉があり、硫黄岳を目の前に入る雲上の湯は圧巻である。
熱すぎず、長時間でもゆっくり用いていられる温泉である。

そして冬限定の内湯が有る。
石楠花の湯と言われる温泉である。
男女交代制のお風呂で、活用毎に蓋を開け閉めする。
この温泉の秘訣(ひけつ)はパラフィン状の湯膜が張っていることである。
温泉の成分が表面で固まっている具合である。他の温泉ではなかなかどうして目にすることが不可能だ。。
運がよければ、パリパリの湯膜が見られるそうである。

この山小屋は食事の有無によって宿泊の値段が変わってくる。
また、温泉は別料金に為っているので注意が必須事項である。
本沢温泉は、夏場はややシンプルにいけるため、たくさんの人がおり露天風呂も順番待ちになることが有る。
温泉旅行として楽しむのであれば、時間はかかるが冬の方がゆっくり温泉を楽しめるだろう。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→白骨温泉

白骨温泉は乳白色の湯で著名な長野県安曇村にある温泉である。
この温泉の効能は婦人病・糖尿病・神経痛・胃腸病などに効くと言われている。
秘訣(ひけつ)としてはこの温泉を飲む事ができ、飲んだ方がより効果が表れるとか。
また3日入れば3年は風邪を引かないと言われることで著名である。
隠れた秘湯があるとされ、温泉旅行でも大人気のスポットである。
白骨温泉は自然に囲まれた山里にあり、冬には雪がつもり雪見風呂が楽しめる。
年によっては5月の末ごろまで雪が残ると言われている。

そんな白骨温泉へ旅行に行くなら、秋と冬がおすすめである。
紅葉シーズンの露天風呂は実に気持ちがよく、10月半ばが見ごろになる。
山が赤や黄色に色づいた姿に癒される。

そして冬と言えば雪見露天風呂。
冬になれば白骨温泉につながる林道が3つのうち2つも通行止めになるため、温泉旅行客が減ってしまう。
しかし、冬の雪見露天風呂は綺麗だという評判があり、密かな大人気を集めている。
また冬季限定の宿泊プランを用意している宿もあるので行く前にチェックすべきだ。

白骨温泉街からやや離れた位置に小梨の湯笹屋という宿が有る。
白樺に囲まれたこの温泉は白骨温泉の秘湯の一つとして著名である。
リピーターも数多く、平日でもなかなかどうして宿が取れないほどの大人気ぶりである。
他にも泡の湯や湯元齋藤旅館など秘湯と知られる宿がたくさん有る。

名古屋から電車とバスで約2時間半。
バスから閲覧する景色も実に良いのだとか。
バス以外にも観光タクシーなどが有る。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→地獄谷温泉

長野県下高井郡にある地獄谷温泉。
湯田中渋温泉郷の中にある一つの温泉である。
地獄谷温泉といえば、ニホンザルが温泉につかっていることでも著名である。
他にも熱湯を吹き上げる天然記念物の間欠泉が有る。
冬には道が閉鎖されるが、徒歩30分ほどで行けるため冬でも温泉旅行客が絶えない。

地獄谷温泉にある旅館は一軒のみ。
地獄谷後楽館である。
谷間にある温泉は特に雪景色が綺麗と言われており、徒歩でしかいけない冬の方が大人気のある温泉なのである。
この温泉は混浴風呂になり、お風呂は源泉かけ流しである。
露天風呂と貸切風呂が有るが、温泉旅行客に大人気なのは露天風呂である。
日帰温泉旅行でも露天風呂を楽しめる。
ただ、泊まって露天風呂をゆっくり楽しむのもおすすめである。
地獄谷温泉の付近には歓楽街などはなにもないが、部屋から閲覧する雪景色が実に綺麗なのである。
料理も川沿いという事で、季節によっては川魚を楽しむことができる。
料理と雪が楽しめる宿なので、温泉旅行にはぴったりの宿である。

そして、冬になればニホンザルが温泉につかる姿を閲覧することができるのも優秀である。
この温泉には猿専用の露天風呂があり、たくさんの猿が温泉を楽しむ姿を閲覧することができる。
頭にうっすら雪がつもった猿たちが温泉につかる姿は実に可愛いである。
勿論(もちろん)人間の温泉も冬の露天風呂は実に気持ちがよく、秘湯と称されるのもうなずける。
たまに人間用の露天風呂に猿が入っていることがあり、猿と一緒に温泉を楽しむことができる。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→下呂温泉

岐阜県益田郡下呂町にある下呂温泉。
有馬温泉・草津温泉と居並んで日本三名泉と称される下呂温泉は温泉旅行地として昔から大人気が有る。
現在では当たり前となった湯めぐり手形や足湯を全国的に広げたのも下呂温泉と言われている。
温泉を楽しんでもらいたいという気持ちが伝わってくる。

下呂温泉にはとにかくたくさんの旅館があり、温泉旅行の際にどの旅館を選べばいいのか迷ってしまう。
参照までにおすすめの旅館を紹介する。
まずは「紗々羅」である。
アンティークなつくりが秘訣(ひけつ)の旅館である。
何よりも大人気なのが露天風呂付の客室があることである。
12種類と部屋によって露天風呂が違うため、何回も行きたいと思わせてくれる宿である。
共同の露天風呂は檜をつかっており、温泉街を見渡せる。
どちらも冬になれば雪見露天を楽しめることで著名である。
次に「水明館」である。
温泉は大浴場に野天風呂があり、更にはプールでも温泉を楽しめるのが秘訣(ひけつ)である。
美肌効果も高く女性には特に大人気である。

冬の下呂温泉では花火ミュージカル公演が実践されている。
他の温泉街とは違って普通の花火ではなく、音楽に合わせて花火があがるという珍しいものである。
公演の最終日には1万発もの花火があがるのみあって、旅行客に大大人気である。
勿論(もちろん)、宿の露天風呂からも花火が閲覧することができる。
雪が降っていれば、雪と花火を両方楽しめるのである。
他にも下呂温泉ではキャンドルイルミネーションなどのイベントも有る。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→奥飛騨温泉郷

岐阜県上宝村にある奥飛騨温泉郷。
冬になれば雪見露天風呂が楽しめるという温泉郷である。
泊まりの温泉旅行は勿論(もちろん)、日帰り温泉旅行も楽しめる温泉スポットである。
バスであれば、東京からだと5時間レベル、名古屋身体と3時間レベルで行くことができる。
たくさんの雪が降り、山間であることからスキー場もたくさん有る。
冬にはスキー客で賑わうこと間違いなしである。

この温泉郷は栃尾温泉・新穂高温泉・福地温泉・平湯温泉・新平湯温泉の5つからなり、冬になれば各々(おのおの)イベントが開催される。
まずは栃尾温泉。
毎年2月に開かれる雪像コンテストが著名である。
夜にはライトアップされるため観光スポットでも有る。
また栃尾温泉にある荒神の湯は実に著名な共同露天風呂で、冬には雪に囲まれて温泉に入ることができる。

そして新穂高温泉と言えば、北アルプスにつながるロープウエイが著名である。
展望台から閲覧する景色は年間通して大人気で有る。
冬のイベントでは中尾かまくらまつりが有る。
たくさんのかまくらが立ち並び、お酒を飲んだり、足湯につかったりと色々楽しめる。

次に福地温泉。
昔ばなしの里があるこの温泉はイベントとして青だるが有る。
青だるとは岩からしみでて水が凍って、垂れ下がった具合を意味する。
その様子はまさに芸術である。

平湯温泉、冬の名物といえば氷結した平湯大滝。
平湯大滝氷結まつりが開かれ、滝がライトアップされ、花火があがるなど盛り上がりを見せる。

最後に新平湯温泉である。
たるま水の滝の氷結がライトアップされる。
近くには合掌造りの小屋があるなど風情が漂っている。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→越後湯沢温泉

越後湯沢温泉は新潟県の最南端にあり、川端康成の「雪国」という小説の舞台でも知られている。
年間を通して大人気であり、共同浴場やたくさんの宿泊施設が有る。
温泉旅行としてくる人が数多いであるが、冬になればスキー客も増加する。
この温泉の効能は神経痛や筋肉痛・冷え性などに良いとされている。

外湯で大人気があるのは川端康成もつかったといわれる山の湯。
温泉街からはやや離れた位置にあるせいか地元の人達で賑わっている。
山の湯同様大人気があるのが駒子の湯である。
「雪国」に出てくるヒロインにちなんで名前・名称がつけられた温泉である。
温泉もさることながら、「雪国」の資料が展示されており、ちょっとした観光ができると大人気で有る。

小説のタイトルにもなるぐらいの雪国であるため、冬の温泉旅行は大人気である。
雪見露天風呂やスキー場のイベントなど、旅行客を楽しませるものがたくさん有る。
旅館に露天風呂があれば、冬には雪見露天風呂を楽しむことができる。
越後湯沢温泉の旅館はどれも大人気で有るが、その中でも大人気の温泉を紹介する。
湯沢グランドホテルは種類も数多くゆったり入ることができ、勿論(もちろん)冬には雪見を楽しめる。
露天風呂付の個室があるのも大人気の一つである。

冬のイベントとしては湯沢温泉まつりが毎年3月に開かれており、花火や雪中神輿などが閲覧することができる。
他にもキャンドルライブとして、数千本のキャンドルがゲレンデを彩る。
12月の下旬から「足湯かんなっくり」付近でもキャンドルがともされている。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→加賀温泉郷

石川県にある加賀温泉郷。
大阪から電車で、3時間レベルで行くことができる。
加賀温泉郷で著名なのは山代温泉や山中温泉、片山温泉などで、温泉旅行客で賑わっている。

加賀温泉郷と言えば、冬が大人気である。
特に山代温泉や山中温泉は雪見露天風呂が楽しめることから大人気である。
他にも加賀温泉郷が大人気の秘密が有る。
それは食である。
日本海の海の幸もお米も美味しいのである。
冬になれば北陸名産のカニを食べることのできる旅館がたくさんあり、温泉のみでなく料理を楽しみにしてくる旅行客もたくさんいる。
宿によってはカニの食べ放題があるので、旅行客を楽しませてくれる。
温泉も不快なく、料理も美味しいことが温泉旅行地として大人気をよんでいるのである。

では、各々(おのおの)の温泉の秘訣(ひけつ)を閲覧すると良い。
まずは山代温泉である。
この温泉の秘訣(ひけつ)は無味無臭である事である。
温泉の硫黄臭さが苦手という人でも入れる。
3つの泉質があり、旅館によって効能が異なるので調べてから泊まるようにすべきだ。

次に山中温泉である。
山中温泉は有馬や草津と居並ぶ名湯で実に大人気が有る。
松尾芭蕉が山中温泉を気に入り、句を残したことでも著名である。
加賀温泉郷の中でも一番泉質の種類が数多く、いろんなお湯が楽しめる。

片山津温泉は加賀温泉郷の中では最も新しく湖中に源泉が発見され、一部を埋め立ててつくられている。
温泉の周りを潟が取り囲む形になっており、他の温泉とは違う楽しみ方ができる。

最後に粟津温泉である。
日本最古の温泉と言われ、無色透明の純度100%というめずらしい温泉である。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→木津温泉

京都府京丹後市網野町にある木津温泉。
別名しらさぎ温泉とも言われる木津温泉は京都府内で最も古い温泉である。
また、松本清張が愛した宿・ゑびすやがある事もでも知られている温泉である。
皮膚病に効果がある温泉と言われている。
木津温泉に民宿は有るが、温泉街と言われるものはない。
静かな雰囲気の中で温泉を楽しむものになる。
冬場にはカニ料理を目当てに温泉旅行を実践する人も数多いのである。

四季が楽しめると言われている木津温泉。
この温泉街の近くに夕日百選に選ばれた夕日ヶ浦が有る。
夏には海水浴客で賑わう夕日ヶ浦。
夕暮れの独特な色と、松にかかる夕日は各々(おのおの)の季節で異なり実に綺麗で幻想的である。
また、丹後には日本三景の一つである天橋立が有る。
昼に観光をして夜はゆっくり温泉という人も数多いようである。
天橋立で冬に着物まつりがあり、花火が打ち上げれる。
何時もは浴衣で閲覧する花火を、何時もとは違う着物で閲覧するというのも楽しい。

冬になればカニが解禁され、温泉旅行客も一気に増加する。
中でもおすすめの宿が隠れ家的な宿として知られる、村の宿付亭である。
館内が月や雲をモチーフとしているお洒落な雰囲気が特に女性に大人気だ。
露天風呂からは田園風景が展望でき、冬には雪景色も楽しめる。
雪で一面が白くなった田んぼの中を電車が通過する姿はどこか懐かしい雰囲気が有る。
平日には内湯を貸切することもできる。
また冬にはカニのフルコースが楽しめると大人気を集めている。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→川湯温泉

和歌山県田辺市本宮町にある川湯温泉。
大阪から4時間半レベルかかる。
大塔川沿いにあり共同浴場や旅館などが有る。
川底から気泡が上がるのが見える。
川原を掘ると温泉が出てくることで著名な温泉である。
自分でもシンプルに自然の露天風呂が作れると大人気が有る。
効能は神経痛や冷え性・美肌に良いとされ、飲むこともできる。

この川湯温泉の秘訣(ひけつ)は冬になると川をせき止めてつくる巨大な露天風呂である。
11月から2月までの限定のこの露天風呂は仙人風呂といいたくさんの旅行客が訪れる。
夜には満点の星、早朝にはせせらぎを聞きながら温泉を楽しめる。
一度にon1000人は入ることができる温泉は冬の風物詩にも為っている。

冬の温泉旅行で楽しみなのは雪見露天風呂。
川湯温泉ではたくさんの雪は降らないが、川沿いの木々に薄っすら雪が積もることが有る。
いつでも閲覧することができるわけではないが、何時もと違った景色を温泉に入りながら見るのは実に気持ち良いのである。

仙人風呂は冬の川の水量が少なくなったのを活用して作れるが、雨や雪で水が増水すると温泉が川水に浸食されることが有る。
そうなると、温泉は閉鎖されてしまう。
川湯温泉旅行に行くケースの場合は、天気をチェックしていくことをおすすめする。

川湯温泉は熊野本宮大社から車で10分レベルという事もあり、温泉旅行のみでなく観光旅行のついでに立ち寄り湯として上手に活かす人も数多くいる。
熊野本宮大社を包含した古代建築は世界遺産として認められており、川湯温泉は世界遺産の中にある温泉としても著名である。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→城崎温泉

兵庫県豊岡市にある城崎温泉。
川沿いに温泉街あり、歓楽街は少なく情緒があるのが秘訣(ひけつ)である。
この温泉は外湯がメインであり、一の湯・御所の湯・まんだら湯・鴻の湯・地蔵の湯・柳湯・さとの湯の7個で形成されている。
夏になれば、浴衣に下駄を履いて歩く人が目立つ。
温泉旅行客が各々(おのおの)の旅館の浴衣を着て、街を散策する風景はどこか懐かしい感覚がする。

外湯で一番大人気なのは一の湯である。
なんといっても洞窟風呂という変わったお風呂が大人気である。
勿論(もちろん)他の外湯も大人気で露天風呂は観光客で賑わっている。
この7つのお湯には各々(おのおの)効能が有る。
合格祈願や商売繁盛・良縁成就・家内安全など面白い効能があるので気になる温泉に入ってみるのも良いだろう。
外湯以外に足湯も5ヶ所あり、湯飲場も有る。
散策しながら、全てのお湯を堪能可能にしたい。

冬には一晩で相当の雪が降ることもある城崎温泉。
一気に冬景色に変わってしまう。
冬に温泉旅行をしたいという人がたくさんいるが、城崎温泉は大阪からも近く交通の便が実に良いため旅行地に選定するにはちょうど良い位置なのである。
かにかに特急が冬のみ走っているので、なおさら優秀で便利になる。
外湯を楽しんだ後は旬のカニ料理を旅館で楽しむのがよさそうである。

冬場のカニが著名な城崎温泉では、11月?3月にかけて冬物語というイベントが有る。
温泉街がライトアップされるなど見所も有る。
また美味しいカニが食べることのできるイベントも有る。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→有福温泉

島根県江津市にある有福温泉。
山の斜面に旅館や民間がひな壇のように立ち居並ぶ姿が山陰の伊香保と言われている。
石段が入り組んでいる風景は情緒が有る。
9軒の旅館と、3軒の共同浴場が有る。
古くからある御前湯が著名である。
この御前湯には共同浴場にしてはめずらしく家族風呂がついているので、温泉旅行にきても気兼ねすることなくゆっくり楽しめる。
他にもさつき湯ややよい湯があり、湯めぐりが楽しめる。
ここの温泉は美しい白肌をつくるとされ、美人の湯としても著名である。

有福温泉に泊まるのにおすすめの宿は旅館樋口である。
その理由として露天風呂の数があげれる。
部屋付き露天風呂や貸切露天風呂が楽しめるからである。
冬のシーズンには雪見露天風呂にゆっくりつかれると大人気が有る。
誰にも邪魔されることなく楽しむことができる温泉旅行も良いものである。
共同風呂には露天風呂がなく、宿に泊まってはじめて露天風呂に入ることができる。
勿論(もちろん)日帰り湯ができる旅館も有るが、湯めぐりができる共同浴場のみなので、たくさんの温泉を楽しみたいという人には不便かもしれない。

冬になれば勿論(もちろん)、日本海で取れたカニが食卓に並ぶ。
カニならば、日本海に接する温泉旅行地で食べることができるが、有福温泉ではぼたん鍋も楽しめる。
冬に温かい鍋を食べるのは幸せである。
更に山間にある温泉地だからこそ食べることのできるいのししのお肉。
カニではなくぼたん鍋に挑戦してみるのも良いかもしれない。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→湯原温泉郷

岡山県北部真庭市にある湯原温泉郷。
湯原温泉・下湯原温泉・真賀温泉・郷緑温泉・足温泉の5つからなる温泉街である。
高速バスで、岡山駅から約2時間半で行ける。
主な効能は慢性関節リウマチや神経痛に良いとされている。

過去に露天風呂番付で西の横綱になったことのある砂湯は現在でも大人気である。
川底から温泉と一緒に砂が噴き出ていることから砂湯とよばれるように成った。
この湯原温泉の秘訣(ひけつ)としては、混浴である事や24時間無料で温泉に入ることができる所である。
またこの温泉に入るには決まったマナーがあるのできちんと守るようにすべきだ。
温泉旅行客のみではなく、たくさんの住民が用いている温泉で、住民に守られてきた温泉なのである。

この湯原温泉は西の横綱として選ばれたのみではなく、雪景色の素晴らしい温泉として1位に選ばれた事のある温泉なのである。
湯原温泉街は山に囲まれ冬になれば、温泉街一体が白銀の世界になる。
勿論(もちろん)雪見露天風呂を楽しむこともできる。
また、バレンタインの時期になると、砂湯一帯にキャンドルが灯される。
その数は626本と相当数多く、雪とキャンドルの灯りの中入る温泉は実にロマンティックである。
湯原温泉に行くなら冬の季節、更には2月頃を狙っていくと楽しめるだろう。

近頃では下湯原温泉に男女別の有料露天風呂ができたり、ペット専用の露天風呂という珍しい温泉ができたりしている。
ペットを連れて温泉旅行を楽しむのも良い。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→三朝温泉

鳥取県三朝町にある温泉街が三朝温泉である。
三徳川の両岸にたくさんの旅館が立ち居並ぶ温泉街である。
情緒ある雰囲気が温泉旅行客を楽しませている。
この三朝温泉のお湯は世界屈指のラジウム含有量を誇っていることで著名である。
旅行としてのみではなく、療養目的で訪れるひとも数多いのがこの温泉の秘訣(ひけつ)である。

三朝温泉の中でも大人気があるのが河原風呂である。
川沿いにある温泉で、無料で入れる混浴露天風呂や足湯があり、24時間誰でも入ることができる。
旅館とは違って川のすぐそばにあるので、丸見え具合であるのが欠点であるが、普段なかなかどうして体験することのない温泉として大人気である。
旅の疲労感を癒す旅行客のみでなく、地元の人もたくさんいる。
冬であれば勿論(もちろん)雪景色も楽しめる。
旅館での露天風呂を味わうのも良いが、川の流れる音を聞きながら温泉に入るのも風情が有る。
雪が積もると屋根などがないため、着替えなどがたいへんである。

冬にこの地を温泉旅行地として選定する人の数多くは温泉のみではなく、カニ料理を目的としている人もいる。
日本海側である鳥取は冬になれば、美味しいカニがたくさん取れる。
旅館によっては冬限定でカニの食べ放題を実行しているお店もあるので要チェックである。

冬のイベントとしては三朝温泉ぽかぽかラリーというものが有る。
温泉街の名所や旧跡を周りながら温泉情緒を満喫するというイベントである。
約3キロのコースであるが優勝者には宿泊券が当たるなど、楽しめること誤りなしである。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼





全国名湯・秘湯→湯布院

全国3位の湯量を誇る湯布院。
九州の大分県にある湯布院は全国的にも著名である。
豊後富士と称される由布岳を取り囲むように温泉街が拡大している。
温泉街には個性的なショップやギャラリーもあり旅行者達で賑わっている。
共同浴場や立ち寄り湯もあるので、日帰り温泉旅行も充分に楽しめる。

雪見風呂と言えば、どうしても東北や北陸などの寒い地域を思い浮かべるが、九州にある湯布院でも楽しめる。
たくさん雪がつもる事はないが、雪が降っている中の露天風呂は最高に気持ちが良いものである。
そして湯布院の雪見風呂と言えば、由布岳につもった雪をみながら入る露天風呂が大人気である。
由布岳を取り囲むように温泉が拡大する湯布院。
殆どの旅館から冬の由布岳を閲覧することができる。

また湯布院の秘訣(ひけつ)と言えば、家族露天風呂や貸切露天風呂が数多いところに有る。
勿論(もちろん)共同の露天風呂も有るが、ちっぽけな旅館ほど家族露天風呂や貸切露天風呂が数多いのである。
家族やカップル、友達とゆっくり楽しむことができるので、旅行者に大人気で有る。
勿論(もちろん)露天風呂付きの部屋もあるのでチェックしてみると良い。

温泉旅行に行ったらぜひとも足を運んで欲しいのが金鱗湖である。
この湖の秘訣(ひけつ)は水が温かいところに有る。
半分は温泉、半分は冷泉が湧くため温かいと言われている。
特に冬には金鱗湖から湯気が出ているのである。
湖一面から湯気が出ている風景はなんとも言えない。
冬しか味わえないので行ってみる価値は有る。

▼温泉旅館・温泉宿の検索はこちら▼















SEO